地球にも会社にも優しいビルの省エネ化を始めよう

男の人
  1. ホーム
  2. 制御することで省エネ化

制御することで省エネ化

男性

電子技術による制御

電子技術の発展によって、現在ではあらゆる場所でコンピューターが使われるようになっています。また各種センサーが登場しており、コンピューターと組み合わせることで様々な分野での自動制御が可能になっています。コンピューターの役割としては、高度な計算を行う他にもプログラミングされた情報を元に様々な制御を行うことが出来ます。また各種センサーから得られた情報を元に自動制御することも可能です。自動制御の技術は身近な家電製品から自動車まで使われており、その多くは効率よくエネルギーを使用するために使われています。この自動制御によってエネルギーの利用を抑えることは、すなわち省エネ化に繋がり、またエネルギー消費にともなう費用の軽減に繋げることが出来ます。

電力制御で電気料金の節約

自動制御を行うことで電力の消費量が抑えられ、その結果、使用電力が大幅に節約することが出来ます。使用する機器においては省エネされたものを使うのが、もっとも安心して電気料金の節約が出来る方法ですが、一方で電気料金の契約電力量を減らすことでも、電気料金の節約が出来ます。電気の契約では最大電力消費量であるデマンド値を元に契約を行いますが、デマンド値は30分ごとに計測されており、このさいにデマンド値を一定の水準を超えないように自動制御することで電力消費量を抑えることが可能です。継続的に電気を消費する機械では、デマンド値を下げることは困難ですが、空調設備や冷暖房設備は一時的に停止してもそれほど影響が大きくないため自動制御を行うことでデマンド値を下げることで電気料金の節約が可能です。